fc2ブログ

東三河エネルギー研鑽会的な日常

穂の国東三河を中心に、三遠南信の歴史と謎、エネルギーを探求しています。
Top Page » Next

地震のことmemo

4/17(水)23時14分頃、豊後水道で大きな地震が起きました。寝ようと思って床に就いたとたんにドグオ氏に「地震」って叩き起こされ、「はぁ~、眠いのにぃ」って思いながらテレビをしばらく見ておりました。この地震の3日前4/14(日)の夕方、5時半頃の時間帯のBS番組を見ていた時に、画面がモザイクになるような大き目の電波障害のような通信障害が起きていて「6時からの光る君への録画もおかしくなるのか」って話をしておりまし...
4/17(水)23時14分頃、豊後水道で大きな地震が起きました。寝ようと思って床に就いたとたんにドグオ氏に「地震」って叩き起こされ、「はぁ~、眠いのにぃ」って思いながらテレビをしばらく見ておりました。

この地震の3日前4/14(日)の夕方、5時半頃の時間帯のBS番組を見ていた時に、画面がモザイクになるような大き目の電波障害のような通信障害が起きていて「6時からの光る君への録画もおかしくなるのか」って話をしておりました。すると、画像が乱れたお詫びのテロップが出て「珍しくテロップでたねぇ」なんて言っていたのです。

おまけに、4/17(水)は朝から印刷屋のバイトに行っていて、そのお昼休みの時に「日曜日にテレビの画面がメチャ乱れててさ。こういうのがあった何日後かに地震が来るじゃんね~」なんてみんなに話をしたのです。そしたら、その日の夜、地震が起きたんだよね

「テレビ画面の乱れの後に、やっぱ地震が起きたね」

それと、あのブンブンというかブオンブオン響いてくる音も、豊後水道の地震の後は、おとなしくなったんだけど、「まだ鳴りやまないな~」なんて思っていたある日の夜(日にちを忘れちゃったけど)、外でブオンブオンと大きな音がしているので目が覚めた。

「な、何で今日はこんなに音が大きいんだ!やめてくれっちゅの」
「まさか、この異様な大きな音は外にUFOでもいるとか

と思って、思わすカーテンを開けて外を調べてみたけど、なんもなかった。単なる静かな夜の風景じゃった

そして、その数日後、自衛隊のヘリが墜落した後、その近海の小笠原諸島西方(4/27)で大きな地震が発生すると、変なブオンブオンって音も妙に静かになって、今のところも聞こえてこない状態。

なんかよく分からんけど、2011年の3月11日の東日本大震災の後から、気になる時に時々日本地図に手かざしをして地震の具合を調べているcobumelo的には、東北ー千葉ー豊後水道ときたら、その後に長野辺りに来て、いよいよ東南海、南海地震って流れかって、ちょっとハラハラしておりますcobemelo的には諏訪湖が日本のへそのように思ってるんで、諏訪湖に何もない事を願っとります。

いつも笑いながら視聴している「おみそんのドン深闇ニュース」のチャンネルでEconomistという雑誌の表紙の話をしてて、その表紙がこれなんよ。

2014Economist表紙01

2014Economist表紙左下
(表紙の左下拡大)

Economistと言えば、表紙に次の年の世界の予測的なモノが描かれていると言われてて、この表紙は2014年に出たEconomistで、2015年の世界を表しているということらしいです。

おみそん曰く、「11.3」「11.5」の数字の前に鏡の国のアリスと思わしき女の子がが立っているということは、この数字はミラーになっているというサインから「3.11」「5.11」と読めると。んで、「3.11」はあの地震ことを示していて、「5.11」はまだ何も起きていない。なので、「5.11=5月11日」は要注意かもしれないということでした。

信じるか信じないかはあなた次第って感じの話ですが、災害はいつやってくるかは分からないので、準備と心構えを意識して過ごして参りましょうって、こんな事くらいしか一般人にはできんのよね

と、ぼやきつつ今日はおしまい




スポンサーサイト



百間滝に茂木先生が来た~♪

桜が咲いたと言ったのは何日前か、もうハラハラと散り始めています。桜って儚いねそんな桜咲く先日の4月6日、世界史講師の茂木誠先生が岡崎市で講演会をやったらしいです(後から気づいた)。その足で東三河を走る中央構造線巡りをされたようで、新城の百間滝や中央構造線の谷が見える山道、本宮山などを散策されたようで、その様子がYouTubeのショート動画にアップされてて、それを見つけたcobumeloはウキウキになっておりまする...
桜が咲いたと言ったのは何日前か、もうハラハラと散り始めています。桜って儚いね

そんな桜咲く先日の4月6日、世界史講師の茂木誠先生が岡崎市で講演会をやったらしいです(後から気づいた)。

その足で東三河を走る中央構造線巡りをされたようで、新城の百間滝や中央構造線の谷が見える山道、本宮山などを散策されたようで、その様子がYouTubeのショート動画にアップされてて、それを見つけたcobumeloはウキウキになっておりまする

ここ最近アチコチの中央構造線を確認する旅を続けている先生ですが、何かと無視されがちな東三河なので、さすがに百間滝はスルーだろうなって当たり前のように思っていただけに、ドびっくり&超感激してしまいました

そして、久しぶりに百間滝のことを思い出し、過去記事などを読み返してみたりしちゃいました。ちゅーことで、ナツメロじゃないけど、我々の懐かしすぎて埋もれてしまってる百間滝の記事を再掲いたしますので、久しぶりに楽しんでみてくださいな

東三河のゼロ磁場へGO! 百間滝その1
東三河のゼロ磁場へGO! 百間滝その2
百間滝の体感は有るor無い

おまけで砥鹿神社の記事もどうぞです
巳の神社へ初詣

さて、コロナのお陰の引きこもり生活とドグオ氏の仕事の関係で、外に出ることがほとんどない状態のままで現在に至ってますが、いい加減フィールドワークを再開したいなと思っております。ここ数年ずっとボケっ~と昼行燈のようになってたドグオ氏もやっと最近になって正気ついたのか、また歴史の本などを読み始めたので、また何か新しいテーマを見つけたり、今までの探求の深堀りをしていきたいと思う所です

令和6年1月1日 地震

新年早々、それも元旦から大きな地震が起きてしまいました。地震国日本と言えど、またもこんな大きな災害が起きてしまうなんて・・・。昨今多発するアチコチでの災害のことも頭をよぎり何とも心が痛みます。日本が壊れてしまふ・・・今回の地震にあわれた皆様、心よりお見舞い申し上げます。また、1/2にはJALと海保の飛行機が衝突炎上という衝撃的な事故も起きてしまいました。JALの乗客乗務員の方々は全員脱出できてホッとしまし...
新年早々、それも元旦から大きな地震が起きてしまいました。

地震国日本と言えど、またもこんな大きな災害が起きてしまうなんて・・・。

昨今多発するアチコチでの災害のことも頭をよぎり何とも心が痛みます。日本が壊れてしまふ・・・

今回の地震にあわれた皆様、心よりお見舞い申し上げます。

また、1/2にはJALと海保の飛行機が衝突炎上という衝撃的な事故も起きてしまいました。JALの乗客乗務員の方々は全員脱出できてホッとしましたが、海保の方が5名も亡くなってしまってことは残念でたまりません。救援物資を届ける任務にあたってる最中の事故。心よりお悔やみ申し上げます。もう二度とこのような事故が起きないことを祈るばかりです。

さて、話は地震に戻りますが、今回の地震で2021年に書いた記事のことを突然「はっ!」と思い出しました。(すっかり忘れておりました

ちょっと気になる2021年メモ
6.11検証(前回の記事)

この記事では、9.11と3.11が10年単位で起きたことから、2021年の6月11日に何かあるのかなと書いたわけですが、この時には特に何も起こらずに良かったということでした

追記の記事でもカバラを使って検証してみましたが、これも特に何もなく、cobumeloの妄想的与太話で良かった良かったと思い、その後はすっかり忘れておりました

ところが今回の地震の日付が「令和6年1月1日」で、なんとここで「611」が来たのかと611はまだやる気だったのかっ(←誰が?ですけど)と思った次第です。

エネ研のホームグラウンドである東三河地方も、この地震の時はユッサユッサと船に揺られるような揺れをかなり長く感じました。昼寝をしていた猫のゆず君も1階へ降りてきて「何事ですか?」という顔をしていました(地震の時は下に降りない方がいいんだよ、ゆず君)。NHKでは緊急地震速報から津波へと情報が切り替わり、女性アナウンサーが絶叫してて。酷い被害にならなければと思っていましたが、大きな傷跡を残す地震となってしまいました。

この地震に関係するのかどうかは分かりませんが、年末の12/31と新年1/1の太陽が異様に眩しい、眩しすぎると感じていました。冬なのにギラギラとしてて、日に当たってる部分はジリジリと暑い、みたいな。ベランダでタバコを吸っていたドグオ氏も「太陽、変だよね。顔に日が当たってるところが暑すぎる」、「みんなアリ人間になっちゃうよ」なんてアホなことを嚙ましながら、眩しすぎるからとカーテンを閉じてました。

その後、ネットを見ていた中に、どうもこの両日は太陽フレアが大きかったという情報が出てきました。

むむむ、何だろ???

と色々と考えてみると、そう言えば地震の2週間くらい前からだと思うけど、ダイニングテーブルに置いているTVのプライベートビエラの映像がつまずくように一瞬引っ掛かるような現象が頻発していました。まぁ、時々電波を接続し直している現象も起きるので、そんな感じかなとも思っていたのですが、よく考えてみると、こんなつまずくような現象はこの年末からだなぁと。

地震の前触れ現象で、電磁波が乱れて電気機器などに影響が出る話もありますが、これがこの地震に関係しているかは不明です。ただ1月1日に大きな地震が起きてからはテレビ映像の引っ掛かりはグンと減りました。(余震が起きているせいか、たまに引っ掛かる)

そして、ここ3年くらい前からかな、地震が起きる前に「ブーンブーン」みたいな音がどこか遠くの方で鳴ってるのが聞こえるコブメロで。やっぱこの地震の前にも何日か前からブンブン音がしておりました。(どうしてこんな風になったかはまたいつか改めて記事にしてみようかと思っていますが・・・)

ただ、この音は小規模な地震の時にも聞こえてるし、規模によってとか、起きる場所によって音の大きさや音の種類が違うわけでもなく、耳鳴りみたいな感じでブンブン聞こえてくるだけなので、何の役にも立っておりまへんこの音は不思議と地震が来ると聞こえなくなるけど、最近地震が多いせいか鳴ってる時が多いように思う。

大きな地震を目の当たりにすると、南海地震、東南海地震とか富士山の噴火がエネ研的には気になってきます

避難のこと、食料のこと、水のこと、寝袋、ガズボンベ、電源、猫飯、猫トイレなどなど改めてちゃんと考えておかないとね


2024 明けましておめでとうございます

このイラストみたいに明るくて勢いのある年にして参りましょう...
2024竜富士山01

このイラストみたいに明るくて勢いのある年にして参りましょう

茂木先生のお話が面白い!

最近cobumeloがどハマリしている茂木誠先生。予備校の世界史の講師で作家さん。本もたくさん出されている。世界や日本の歴史の解説はもちろん分かりやすくて楽しいのだけど、歴史的視点から思想や感染症や今各国各地で起きている出来事などを紐解いてくれてて、そんな点もすっごく面白い。YouTubeでのお話もユダヤの複雑なお話も、かみ砕いたような分かりやすい説明でついつい聞き入ってしまいますYouTubeチャンネルはこちらもぎせ...
最近cobumeloがどハマリしている茂木誠先生。

予備校の世界史の講師で作家さん。本もたくさん出されている。

世界や日本の歴史の解説はもちろん分かりやすくて楽しいのだけど、歴史的視点から思想や感染症や今各国各地で起きている出来事などを紐解いてくれてて、そんな点もすっごく面白い。YouTubeでのお話もユダヤの複雑なお話も、かみ砕いたような分かりやすい説明でついつい聞き入ってしまいます

YouTubeチャンネルはこちら
もぎせかチャンネル

その茂木先生が今あちこち出かけては探索中なのが「中央構造線」や「レイライン」。

これは我々エネ研も追いかけてたものなんだけど、我々とは違った歴史の専門家の切り口からの見解が知りたくてうずうずワクワクしております

茂木先生は我々が行けないような遠いところにも精力的に出掛けられてて「うわー、いいなー」って思う所ですが、ゆず猫がいるから所詮泊りは無理なエネ研

とりあえず今年こそは諏訪大社へ行ってみようと思う今日この頃です


久しぶりの徳川家康@大河ドラマ

2023年になりました。今年もよろしくお願いいたします昨年の9月、cobumelo母が突然亡くなりまして、今年は新年の挨拶は控えさせていただきました。まあ、全くの健康体だった母が、ほんの数時間の間に突然息が止まるような事態になり、死因は不明とされたことに関しては、胸の奥にモヤモヤむかむかを押し込めてる状態ですが、まだまだ大手を振って言えるような状態ではない日本に、もどかしいやら悔しいやらでちょっとスッキリして...
2023年になりました。今年もよろしくお願いいたします

昨年の9月、cobumelo母が突然亡くなりまして、今年は新年の挨拶は控えさせていただきました。

まあ、全くの健康体だった母が、ほんの数時間の間に突然息が止まるような事態になり、死因は不明とされたことに関しては、胸の奥にモヤモヤむかむかを押し込めてる状態ですが、まだまだ大手を振って言えるような状態ではない日本に、もどかしいやら悔しいやらでちょっとスッキリしてないです。ちくわ食うの止めとけって言ったのに、耳を貸さんかったのは母なので、しょうがない部分もあるんですけどね。

さてさて、cobumeloの話は脇に置いといて。

久しぶりに徳川家康が主役の大河ドラマが始まりますね

家康の生まれは岡崎なので、地元は盛り上がってるみたいですね。

岡崎だけでなく、家康は愛知県内その近隣アチコチで、追われて逃げ隠れてたりするので、そんな話が出てくると面白いなって思う所ですが、まあ、無理だろうね

ってことで、我々エネ研が過去に書いて、埋もれてしまってる家康関係のブログを貼っておきますので、どぞお楽しみくださいな

家康の遺言(不思議コラムより)

権現山と四色の神社




月星座の幻想

久しぶりに 夏風邪を引いたcobumelo熱はないけど、喉が痛くて真っ赤。薬をつけると猛烈しみたので、かなり炎症を起こしていたみたい2日ほどは何もやらずに寝てたけど、まあ、飽きもせずにずっと寝ておりました風邪をきっかけに、体のあちこちにも不調が続出して、ちょっと疲れ出しというか毒出し状態だなって思って、しばらくは何もせずに過ごてました。ゴチゴチに凝り固まっていたらしい身体も、たいぶ柔軟性を取り戻して楽にな...
久しぶりに 夏風邪を引いたcobumelo

熱はないけど、喉が痛くて真っ赤。薬をつけると猛烈しみたので、かなり炎症を起こしていたみたい

2日ほどは何もやらずに寝てたけど、まあ、飽きもせずにずっと寝ておりました

風邪をきっかけに、体のあちこちにも不調が続出して、ちょっと疲れ出しというか毒出し状態だなって思って、しばらくは何もせずに過ごてました。

ゴチゴチに凝り固まっていたらしい身体も、たいぶ柔軟性を取り戻して楽になってきた

肋骨のヘリに指が入らなくて、強烈痛かったけど今は楽に指が入る

体にたまる疲れや毒は人それぞれ様々なんだけど、薬やサプリ、食事、栄養も、摂取の仕方によっては体にたまる毒になってしまう。だから、断食するといいってのは、こんなところからも来ているんだろうね。そういえば、幼い頃にかかっていたお医者さんは、腹痛の時には1~2日ほど絶食しなさいというお医者さんだったです。

一番の毒出しは、風邪を引いたり、熱を出したりすることだと整体の世界では言われる。それも、薬を使わずに、風邪の症状や熱を経過させるのが一番いいと。

体がゆるんで、体が調和を回復させて、溜まった毒素や疲れ、老廃物が出ていきやすくなって、体がリセットされるみたいな感じになる。

もうずっとそんな感じで風邪や体調不良をやり過ごしていたんだけど、思えばこのコロナ騒動の影響で、この3年ほど風邪を引かないように踏ん張っていたんだよね。

インフルエンザと酷い風邪引きをやったのが4年前。1年に一回くらいは風邪引いて毒出しした方がいいかなってマジ思う所です。
 
風邪は自然に経過させると良いという話は、整体の元祖と言われる野口晴哉氏の著書「風邪の効用」という本に書かれています。

まあ、最初はなかなかのトンデモ本だなって思うかもしれないけど、人間も自然界の生物であって自然のリズムがあるのだから、そういう考え方が自然なんだろうなって思います。

つい風邪や病気は、退治すべき悪いものっていう西洋医学的な考え方で捉えがちだけど、風邪や病気にもそうなる訳があって発症してるものとして考えたら対処の方法が違ってくるかなって。

ほとんどが調和を崩している状態を取り戻そうとしている現象になるのかもしれない。
(子供の場合は関連する器官の機能を成長させるために出る症状だったりすることも)

ほんじゃあ、調和を崩した原因はって考えると体の問題だけじゃないこともあると思う。

とまあ、言い出したらすごく複雑なことになっていきそうな話なんだけど、風邪で臥せりつつ、こんなことを考えている所に、何気に手にしたマドモアゼル愛先生の「月の教科書」って本が面白かった
(少し前にYouTubeでタロットさんソニックさんが紹介してて気になっていたのをやっと読んだって感じ)

月は太陽の光を反射させている存在で、反射=反転の作用をもたらす。太陽が陽だとすれば、月は陰でエネルギーを奪う存在でもあるそうだ。

それ故に、マーヤ、幻想を人に見せて魅了してくる存在でもあるので、月に惑わされてはいけない。

人の生まれた時のホロスコープに必ず月の位置が記されているが、この月のいる星座の性質に人はどうも引きずられる傾向があるんだとか。

月のいる星座の性質が、自分の本質だと思い込まされて、そのような振る舞いをしてしまう傾向になるそうだが、それが物事、人間関係が上手くいかなくなる原因だと解説している。

よく耳にする「月星座にあなたの本質がありますよ」と言う解説とは真逆に近い解説。そう、少し前まで習いに行っていた西洋占星術の先生も「月星座を主に考えて何かと参考にしている人がいるけど、あまり月ばかりに捕らわれない方がいい」みたいなこをとを話していたなぁと、そんなことも思い出しました。

で、これを自分に当てはめてみたところ「うーむむむ、ショックだけど納得」と、コブメロの中では腑に落ちた次第

cobumelo母とは仲良しだけど、なぜかついイライラしたりムカついたり、けんか腰になったりしやすい傾向に、何でいつもこうなるんだろう?自分の性格が過激なのか?DNAが持つ一族的な性質なのか?とか、時には悩んだりモヤモヤしてたのだが、母の星座と私の月星座が同じで、いい意味での同調もあるけど何らかの理由で月星座が触発される=自分のバランスを崩し見失う傾向になるってことかい?と分かった

おお、じゃあ、おかんの挑発オーラに巻き込まれないようにすればいいわけで、自分らしく調和的にしてればいいだけなのねって、ちょっとスッキリ

とまあ、 風邪のお陰でグダグダととりとめもない事を考える時間をちょっと楽しく過ごしたcobumeloでしたが、ちょうどこの体調不良に陥ってた時期はライオンズゲートとドンピシャだったようです

そして、この月の教科書という本に、新月の時に切った竹は腐らない長持ちするという話も載っていたので、面白いと思ってドグオ氏に教えてあげたら「だもんで、前に家の打ち合わせの時に新月の時に切った木は腐らないって話をしたのに、誰も聞いてくれんかったじゃん。あんたも」と言われてしまった

あれー、そうだっけ、そんな話すら忘れておったサ、すまんすまん

しかしながら、今のような科学という見識がなかった時代の昔の日本人は、月をどんなふうに眺めていたんだろうって、改めて考えみると不思議に思う

あんな真ん丸で大きな光る物体を何と捉えていたのだろう?欠けたり丸くなったり変化するし、見えなくなったりする。時々色も赤っぽかったり青白かったりするし。

かぐや姫の話が大昔からあるくらいなので、何らかの存在がいる場所としての認識はあったのかなぁ?月読命(古事記)/月夜見尊(日本書紀)という夜の世界を支配する神、月の神、月(暦)を読む神といわれる神様や仏では月光菩薩とかいるから、神仏のいる神聖なる領域っていう思いも持ってたのかなぁ?

でもって、日本には月にまつわる言葉や歌や習慣もたくさんあるから、あの物体をどんな感覚で見ていたのでしょうね。単に綺麗だな、明るくて嬉しいなとか?それとも美味しそうだなとか銭や銭や、お財布フリフリ~みたいな感じだったりとか?

もし五感を超えた感覚で月や星々を捉えていたとしたら、今の人より第六感以上の感覚が発達していて、ひょとして交信すら出来る人も多くいたのかもしれないよね

そんなこんなの月の話をドグオ氏としつつ思ったのは、科学の目や物質的ご利益なんかををついつい考えるから、物事の本質や五感を超えた感覚がどんどん鈍るのかもしれないなぁって。先ほど風邪の話をしたけど、体や心の感覚だってそうだと思う。

本来あるべきはず感覚が眠ってる?眠らされてる?としたら残念。類化性能みたいな豊かな感覚的思考や下手すりゃ単なる想像力ですら鈍化してる、鈍化させられてるんじゃないかって思う昨今の出来事なんかをみると溜息出るよね





久しぶりの夏越の大祓

コロナの影響でほとんどお出掛けしていないこの数年でしたが・・・何気に朝、ドグオ氏が「今日は夏越の大祓」なんていうので、そだ、折角なので久しぶりに茅の輪をくぐりに行ってみようかなと思って、莵足神社の茅の輪をくぐって参りました茅の輪の横に、くぐり方が説明してあるんですが、茅の輪を跨ぐ足がその都度右だったり左だったりするので、何となく緊張しつつ(一人でやってるのにバカ丸出しな感じ)、作法通りにやってみま...
コロナの影響でほとんどお出掛けしていないこの数年でしたが・・・

何気に朝、ドグオ氏が「今日は夏越の大祓」なんていうので、そだ、折角なので久しぶりに茅の輪をくぐりに行ってみようかなと思って、莵足神社の茅の輪をくぐって参りました

2022夏越 縮小01

茅の輪の横に、くぐり方が説明してあるんですが、茅の輪を跨ぐ足がその都度右だったり左だったりするので、何となく緊張しつつ(一人でやってるのにバカ丸出しな感じ)、作法通りにやってみました

最近、ゆず君に喰い付かれたり、熱中症もどきで体調崩したり、ナンヤカンヤ体調がスッキリしないこともあるので、「暑気祓い、厄祓いだー」ってな気分でくぐってみましたよん

猛烈暑くて汗だくだくになったけど、夏空が気持ちよくて、久しぶりに目的をもって訪れた神社の気配も気持ちよかったなぁ

そして、神社の手水のところに七夕の笹も出ていて、短冊にお願いがかけるようになってたので、ちょいと参加してみました

2022夏越 縮小02

変なこと書いてあるなって思ったら、それがcobumeloの短冊かもしれません



ゆず君に喰い付かれるの巻

ゆず君に喰い付かれた手の甲を滅茶苦茶ヒドく噛みつかれた腕の芯が締め付けられるような感覚でしばらく動けなかった指を握ったり開いたりの動作もできなかった「腱が切れてたらヤバイ」と焦ったけど無理無理動かしてみたら一応指は動くから腱は切れてはないようでホッとしたけど、万力や機械などの大きな力で挟まれたみたいに内部の炎症と打撃が酷くて赤ちゃんのぷっくらしたぷにゅぷにゅの手といったら可愛いけど手のこぶしが出て...
ゆず君に喰い付かれた

手の甲を滅茶苦茶ヒドく噛みつかれた

腕の芯が締め付けられるような感覚で
しばらく動けなかった

指を握ったり開いたりの動作もできなかった

「腱が切れてたらヤバイ」

と焦ったけど
無理無理動かしてみたら
一応指は動くから
腱は切れてはないようでホッとした

けど、万力や機械などの大きな力で
挟まれたみたいに
内部の炎症と打撃が酷くて

赤ちゃんのぷっくらしたぷにゅぷにゅの手
といったら可愛いけど
手のこぶしが出てこなくなるほど
ポンポンに腫れて、ド痛くて眠れなかった

次の朝は・・・
激痛でご飯をよそえないし
歯ブラシ持つのも激痛
手のひらを握ったり開いたりするのも激痛だし
思うように動かせないしで
もうホントに超トホホな気分

猫の牙は毒があるので
噛みつかれてすぐに
殺菌と炎症、神経伝達を改善する
アロマオイルを塗りたくって対処

それと
早く治すためのレイキなどのエネルギー色々と
コウケントーの光線ガンガン当てて
ルミンを砕いて傷口に塗ったりで

3日で普通に手が使えるようになりました
(どうなるかと焦った

しかしながら
なんでそんな風に嚙まれてしまったか

どうやらゆず君の機嫌が悪かった様子で
(さかりで猫がうろうろしてるっぽい)
そんなところに
不用意に私がちょっかいを出したのがいかんかった

ちゅーことなんだけど

いまだに噛む加減が分からない奴は
見境なく噛みついてくる時がある
(これは治らんのかなぁ

私の不注意も悪いんだけど
痛みが来るたびに腹が立って

2日ほどゆず君とは絶交していた

けど

今はもう仲良しです

というcobumeloの猫バカ話でした

コメントのお返事が遅くてすみません

ネタが見つからない生活が続く中、このブログの確認も時々という事態になっております時々確認に訪れると、コメントを入れてくださっていることがあって、しばらく放置状態になっていることがあります。放置状態にされた方々、本当に申し訳ありません。この場を借りてお詫び申しあげますとはいえ、たぶん、今後もこんな状態になるかと思われますので、コメント入れていただく際には、こんな点をご承知(覚悟)の上でコメントいただ...
ネタが見つからない生活が続く中、このブログの確認も時々という事態になっております

時々確認に訪れると、コメントを入れてくださっていることがあって、しばらく放置状態になっていることがあります。放置状態にされた方々、本当に申し訳ありません。この場を借りてお詫び申しあげます

とはいえ、たぶん、今後もこんな状態になるかと思われますので、コメント入れていただく際には、こんな点をご承知(覚悟)の上でコメントいただれれば幸いに思います。

勝手なお願いで申し訳ありませんが、よろしくお願い致します